事業承継の一覧

事業承継が関わる相続はどのように行うのか?

故人が会社経営を行っていたり個人で事業を営んでいたりした場合、事業そのものを誰に引き継がせるかを決めておかなければなりません。 後継者となる人物がいない場合の廃業を含め、どのような承継方法があるのかについて解説します。 …

相続財産を正確に調査するためのコツ

遺産にはプラスとマイナス両方の財産が含まれているため、予め正確な財産調査を行っておかなければ、必要のない相続放棄をしてしまったり、正しい遺産分割を実施できなかったりする等、後から手間や面倒が生じる原因となります。 ここで…

相続財産の対象となるのはどこまでか?

相続人が受け継ぐ故人の財産のことを遺産または相続財産と呼び、金融資産や不動産等のプラスの財産に加え、債務を指すマイナスの財産も含まれます。 ここでは、相続の対象となる財産の具体例と相続における注意点について解説します。 …

相続の承認(単純承認・限定承認・財産放棄)について

相続には、相続の承認を意味する単純承認、得た財産の中から債務の弁済を行って残余がある場合に相続する限定承認、全ての財産権利を放棄する相続放棄の3つの手続きがあります。 ここでは、それぞれの相続の手続きの違いと注意点につい…

遺言執行者の役割と選任方法について

遺言執行者とは、遺言内容を確実に実現するために必要な権限を与えられた者で、いわば遺産相続手続きの進行役のような役割を担います。遺言執行者を選任することは必須ではないものの、感情的になりやすい相続問題の中で粛々と実現の手続…

遺言書が無効になる場合について

死後に自分の意思を反映させた財産分割ができることから、遺言書を作成する人が多くなっていますが、中でも人気があるのは手軽にできる自筆証書遺言です。しかし、法的に有効な遺言書を作成しなければ、いざ開封された時に無効となるケー…

遺言書が見つかったら「検認」が必要

相続の開始時点で遺言書が発見された場合、速やかに家庭裁判所に遺言書を提出し、検認を受けて遺言書の内容を確認することになります。 ここでは、自筆遺言書に検認が必要な理由とその手続きについて解説します。 自筆遺言書は家庭裁判…

0120-543-106
平日10:00〜20:00 ※ご予約で夜間・休日対応可能
NO IMAGE:ctaMain__mail