遺産分割協議を弁護士に依頼するメリットについて

遺産分割協議は相続人同士の話し合いがベースなのですが、弁護士を介入させることにより、話し合いのスムーズ化等いくつかの大きなメリットが得られます。

ここでは、当事務所での対応をもとに、遺産分割協議を弁護士に依頼すべき4つのメリットをご紹介します。

遺産分割協議を弁護士に任せる4つのメリット

1.当事者間の話し合いが冷静かつスムーズになる

1つ目は話合いが冷静かつスムーズになることです。

遺産分割協議は親族間の話し合いになるため、揉めることも度々あります。そのような場合、当事務所の弁護士は毅然とした態度を崩さず、何を言われても動揺しないよう心がけ、相手の様子をよく見ながら最善の交渉方法をとります。法的に見れば結果は決まっていることであるため、後は相手をどう説得するかが非常に重要になってくるのです。

他の相続人にも弁護士がついていた場合、裁判に至ったらどういう結果になるのか、お互いに認識しながら話し合うことになるため、要求して合意を得られるラインがとても明確になり解決は早くなります。こちらだけに弁護士がついた場合は、他の相続人と比べて法的知識が強い武器になるため、強く主張ができるだけでなく、他の相続人も譲歩してくれる可能性が高くなります。

親族間交渉のストレスが大きく減る

2つ目は交渉でかかるストレスが大きく減ることです。

遺産分割について親族間で話し合いを行うと、どうしてもお互いの主張や感情的しこりのぶつけ合いになりやすく、しばしばトラブル化する現状があります。親族間の仲があまり良くないような場合、いくら話し合いを続けても、いつまで経っても遺産分割協議が終わらないため、当事者が抱える精神的負担はどんどん大きくなっていってしまいます。

弁護士に依頼していれば、弁護士が依頼者の代理人として遺産分割協議に参加することができますので、依頼者としては親族と直接話をすることなく、顔を合わさずに遺産分割を終えることが可能になります。第三者である弁護士が親族間の話し合いに加わることによって、話し合いがスムーズに進むこともよくあります。

相続問題は精神的負担が過剰になりやすいので、少しでも早く弁護士に相談してください。受任以降は必要な交渉や手続きは弁護士が代理することになるので、依頼者は他の相続人と直接コンタクトする機会がなくなり、ストレスが大幅に軽減されます。

相続人間の合意を得られる最も有利な条件で協議をまとめてくれる

3つ目が有利な条件で交渉をまとめられる可能性が高くなることです。

もし依頼者の希望が「法的相続分を取れればOK」 という場合は、最終的に裁判所に持っていけば必然的にそうなるため決して難しいことではありません。ただし、少しでも多く遺産を受け取りたいという要望がある場合は、他の相続人から拒否されない範囲を見極め全力で交渉していくことになります。「こういう事情があるから上乗せしてください」とか「この財産は譲るから、代わりにこの財産はもらいます」とか、主張と譲歩を組み合わせながら調整を試みて、依頼者として納得のいく条件を最終的に掴み取ります。

そのためには、依頼者と弁護士のコミュニケーションを密に取り、依頼者の気持ちに寄り添いながら交渉では最大限の努力を行います。

不備のない遺産分割協議書を作成し将来的な相続トラブルを回避できる

最後は将来的なトラブルを回避できることです。

遺産分割協議が無事に終了したら、合意した内容を書面に整理します。相続人全てが確かに合意したという証明になるため、将来的に合意内容について揉める可能性を回避することができるためです。

また相続した財産の名義変更には遺産分割協議書が必要になるため、必要事項を間違いなく記載した書面を作成することは非常に重要です。遺産分割協議を弁護士に依頼していれば、どこに提出しても不備なく通るきちんとした協議書を作成してもらえますし、相続人の間でトラブルになることを防ぐ効果も期待できます。

遺産分割協議で不安を感じたらすぐに当事務所までご相談を

当事務所の弁護士としては、話し合いをまとめるためには依頼者に対しても相手方に対しても、じっくり根気強く話すということが非常に大切だと考えています。一人ひとりと個別に話し合いを行うと、解決までに時間がかかり調整を取るのも一苦労なのですが、関係者を全員集めて交渉を行うことによって、全員の理解度が均一に保たれ、各人の要望を確認しながらどこまで依頼者としての主張を通せるか想定しやすくなります。

特に、弁護士が法的根拠をしっかりと説明し、参加者の大半が納得できるよう配慮すれば、スムーズに解決に至る場合が多いのです。解決に至れば、後は遺産分割協議書の作成に速やかに取り掛かるだけとなります。

相続人だけで話し合いを行うと、全く関係ないことにまで問題が派生してしまい、本来筋から大きく逸れてしまうことも多々あります。一度こじれてしまうと、相手の気持ちを解きほぐすところからやり直さなければならず、時間と労力を余計に費やす原因となってしまいます。そうならないためにも、協議開始前に当事務所までご相談頂き、弁護士との協力体制をスタートさせることをお勧め致します。