遺言書

遺言執行者の役割と選任方法について

遺言執行者とは、遺言内容を確実に実現するために必要な権限を与えられた者で、いわば遺産相続手続きの進行役のような役割を担います。遺言執行者を選任することは必須ではないものの、感情的になりやすい相続問題の中で粛々と実現の手続…

遺言書が無効になる場合について

死後に自分の意思を反映させた財産分割ができることから、遺言書を作成する人が多くなっていますが、中でも人気があるのは手軽にできる自筆証書遺言です。しかし、法的に有効な遺言書を作成しなければ、いざ開封された時に無効となるケー…

遺言書が見つかったら「検認」が必要

相続の開始時点で遺言書が発見された場合、速やかに家庭裁判所に遺言書を提出し、検認を受けて遺言書の内容を確認することになります。 ここでは、自筆遺言書に検認が必要な理由とその手続きについて解説します。 自筆遺言書は家庭裁判…

公正証書遺言書き方とメリットについて

故人が愛情や感謝を表すために特定の人物により多く遺産を与えたい時など、遺言書を作成して遺産を指定分割するよう意思表示を行います。 遺言書の残し方には公正証書遺言・自筆証書遺言・秘密証書遺言の3種類がありますが、中でも最も…

遺言書作成で必ず行うべきことと作成時の注意点について

「残された子供たちがトラブルなく相続できるように」 「私に尽くしてくれたことに感謝の気持ちを表したい」 遺言書を残す理由は人によって様々かと思いますが、トラブルのない相続を実現するためには、遺言書の作成は有効な手段のひと…

遺言書にはどんな種類があるのか?

自分が亡くなった後に相続手続きをできるだけ円滑に進めるために、また自分の意思を明確に相続人に伝えるために「遺言書」を作成しておくことはとても大切です。 主な遺言の作成方法には3つの種類がありますが、ここでは各遺言書の特徴…